ゴーヤの佃煮

夏はゴーヤがたくさん取れるので、作り置きできるゴーヤの佃煮を作ります。
生姜を入れたり、酢を多くしたり、胡麻油風味にして、色んな種類を作り置きしておくと、飽きずに便利です。
材料:ゴウヤ5~7本、麺つゆ、酒、みりん、砂糖、酢、胡麻、鰹節

ゴウヤを洗ってから丸ごと茹でます。
水から茹でて沸騰したら終わりです。
茹でることによって苦味が薄くなります。
あまりゆで過ぎると柔らかくなりすぎるので注意してください。


半分に切って、種と綿をスプーンで取ります。

7~8ミリに輪切りにします。

鍋に入れ、麺つゆ、酒、みりん、酢を同じ割合で入れます。
好みで味を調整してください。
煮汁を材料の8分目程度まで入れて煮て行きます。

味が染みてきたら、鰹節を入れて更に煮ます。

量が少なくなり、煮詰まって柔らかくなります。
味が染みたら、ゴウヤの硬さを味見して、好みの硬さで完成です。
煮すぎると柔らかくなり過ぎてしまいます。

最後に胡麻を振りかけて完成です。


熱が冷めたらタッパーに移して完成です。
ラー油を掛けたり、ごま油を掛けたりして好みでアレンジしてください。
夏はゴーヤがたくさん取れて、調理してもビタミンCが壊れないそうです。
夏の栄養食です。

【ID:7001】




「いいね」を押して、友達と共有しましょう!。



 
記事を気に入ってもらえた方は
「いいね」をお願いします。⇩⇩


今月のベスト10