関の孫六 ダマスカス牛刀180mm

30年以上使用した包丁が柄の部分が壊れたので、新しい包丁を購入することにしました。
現在使用しているグローバルのペティーナイフも良いので、グローバルで検討したのですが、
せっかく購入するので何十年も使用できる物を探しました。
そして選んだ1本がこちらです。

関の孫六 ダマスカス牛刀180mm(貝印)です。
ネットで調べていると「関の孫六」シリーズより上の「旬」シリーズを検討していました。
シェフズナイフ(牛刀)の200mmを検討していました。
メインで使用するのが奥さんなので、重さや長さ、バランス等奥さんの意見を聞かないといけません。
実際に現物を確認しにショップに行きました。
「旬」シリーズは外国人には人気があるが、日本人には関の孫六が適しているとのこと。
「旬」シリーズは刃が厚く、重くて日本人に向いていないとのことです。
自宅にある別の三徳包丁も刃の幅が大きいのか、あまり使用しません。
握って確認してみると、三徳包丁の165mmよりも牛刀の180mmが使いやすくてお気に入りでした。
三徳包丁は刃の幅が大きいので、女性の手には使いずらいかもしれません。

関の孫六 ダマスカス牛刀180mm(貝印)です。


日本刀を彷彿とさせる美しいダマスカス模様が付いています。
伝統の刀剣作りの技術で作っています。


柄の部分は三角形になっていて、手にフィットするデザインです。




握りやすいハンドルです。
料理をするのが楽しみです。
切れ味は抜群。
両刃で出来ているので、普通の砥石で研げます。
高級な包丁は食洗器は禁止なので、注意しましょう。

「関の孫六」をAmazonでチェック
グローバルをAmazonでチェック
関の孫六を楽天でチェック

【ID:8111】




「いいね」を押して、友達と共有しましょう!。



 
記事を気に入ってもらえた方は
「いいね」をお願いします。⇩⇩


今月のベスト10