鶏のむね肉の塩焼き柚子胡椒とバジルソース添え

鶏の胸肉を塩焼きとタレ味で焼いて、柚子胡椒とバジルソースでいただきます。


材料:鶏むね肉
調味料:塩、胡椒、酒、みりん、しょうゆ、ニンニク、柚子胡椒、バジルソース、
    オリーブオイル

冷凍しておいた鶏の胸肉を薄きりにして、フォークで穴を空けます。


スライスした胸肉に塩コショウをして、ニンニク、酒で味付けしてします。
20~30分冷蔵庫で寝かします。


フライパンにオリーブオイルを引いて、焼いていきます。
塩焼きと醤油たれを作るので、先に塩焼きを作ります。


塩焼きは、しっかりとした味が付いているので、このまま焼いていきます。


タレ味は、醤油、みりん、酒で味付けします。
徐々にとろみが付いてくるので、よく絡めます。




塩焼きは柚子胡椒とバジルソースでいただきます。
塩焼きとタレを半々で作ったのですが、塩焼きがもっと食べたかった。
胸肉は値段が安く、もも肉よりもパサパサになってしまうのですが、チョットひと手間かけると、もも肉より美味しくなります。
胸肉にフォークで穴を空けて、冷凍庫で冷凍するだけです。
冷凍すると、繊維が破壊されて柔らかくなるのです。
味も染み込みやすくなります。
今までの鶏の胸肉のイメージが覆ります。
美味しいですよ。
Amazonでバジルペーストをチェック 楽天でバジルソースをチェック

【ID:0111】




「いいね」を押して、友達と共有しましょう!。



 
記事を気に入ってもらえた方は
「いいね」をお願いします。⇩⇩


今月のベスト10